水遊びにも一工夫(小学部低学年)

今年は、コロナ禍でプール学習が中止になってしまいました。毎年、プールを楽しみにしている子どもたちですが、何とか今年の暑い夏も楽しんでもらおうと、体育の時間や午後の遊びの時間に中庭で水遊びをしました。
密にならないようにビニールプールは設置せず、道具の共有を避けるため各自ペットボトルで水遊びのおもちゃを手作りしました。
いつもとはひと味違う水遊びでしたが、子どもたちはやはり水が大好きです。「きゃー、きゃー。」と中庭に元気な声が響いていました。

新しい生活様式に慣れるために(小学部高学年)

小学部高学年では、毎週金曜日に「みなみ商店」という模擬店での学習を行っています。月曜から木曜までの午後の時間に「チャレンジタイム」として、部品の組み立てや分類、整理などの仕事をしてお金を貯めます。貯まったお金は、金曜日に開店する「みなみ商店」で好きな物や必要な物を買うことに使います。
今年は、普段の買い物の学習に加えて、感染症対策として、離れて並ぶ、静かに待つ、レジ前の透明シートを触らない、などの新しい生活様式についても学習しています。毎週練習することで、早く買い物をしたい気持ちを抑えながら、足元のマークに従って整列することができるようになりました。