生活訓練室「すいせん」(ひの寮)

ひの寮には、卒業後の自立した生活を目指し、部屋の管理や掃除・洗濯・調理をはじめ、友達を招いてお茶でもてなすなど、一人暮らしを体験できる生活訓練室「すいせん」があります。

 キッチン

 室内の様子

「すいせん」を利用する前には、保護者と舎生、寄宿舎指導員が話し合い、利用日数や目標を立てます。例えば、初めての利用であれば、「一人暮らしの体験をする」・「自分でスケジュールを立てて生活する」、何回か利用しているのであれば、「時間を有効に使って掃除や洗濯を行う」・「簡単な調理をする」など、一人一人の実態に合わせた目標を立てて利用しています。今回は、実際にすいせんを利用した舎生の様子をご紹介します。

 部屋の入口に目標を記入します

 メニューや材料を考えて調理します

 部屋に掃除機をかけます

 使用するトイレを自分で掃除します

目標を立て、一人暮らしの体験を積み重ねることで、一つずつできることが増え、自信につながっています!

1学期お楽しみおやつ会(ひの寮)

6月19日(水)に今年度初の「お楽しみおやつ会」が行われました。今回のおやつは、プリンにホイップクリーム、フルーツ缶詰、ウエハースを自分たちでトッピングした、「プリンアラモード」です。まずは、立候補によって決まったおやつ会のスタッフが、各テーブルで作り方を説明し、見本を見せてくれました。

 おやつ会のスタッフ

 作り方の見本を見せています

自分達でホイップクリームをぎゅっと絞り、フルーツ缶詰を盛り付け、ウエハースを飾って・・・

 「はい、できあがり!」

 「甘くて美味しかったよ!」

次回の「お楽しみおやつ会」は11月27日(水)を予定しています。

次はどんなおやつかな?

 

 

 

 

高等部3年生修学旅行!

飛行機に初めて乗った生徒も多く、離着陸にドキドキ緊張した様子でしたが、那覇空港に無事到着すると、あちこちで笑顔が見られました。国際通りでは、お土産を見たり、ステーキパフォーマンスを堪能したりしました。ひめゆりの塔では、千羽鶴を奉納し、戦争の悲惨さと平和の大切さを改めて感じました。むら咲むらでは、エイサーや紅型や海の時計作りなど、伝統文化を体験しました。美ら海水族館で、優雅に泳ぐジンベエザメやイルカショーを見ました。OKINAWAフルーツランドでは、新鮮なパイナップルの試食ができました。3日目はあいにくの大雨で一番楽しみにしていたマリンスポーツはできませんでしたが、4日目、待ちに待った沖縄らしい青空とジリジリした太陽、コバルトブルーの海が見渡せるウミカジテラスで、散策やカフェでスィーツ、記念撮影など、存分に沖縄らしさを味わいました。仲間たちと、たくさんの素晴らしい思い出ができた4日間となりました。

第46回 体育大会 高等部

高等部種目Ⅰ「レッツゴー! Sun&Moon!!」

赤組と黄組に分かれて、大玉を使った競技を3レース行いました。

■第1レース(生活グループ)

大玉とGボールを用いてどちらが速くゴールに向かってパスをして送り出せるかを競争しました。本番は練習と違い、多くの保護者や生徒がいたので緊張していていたかと思いましたが、両組練習以上の好タイムを出す結果となりました。見ている側も力が入る見応えある競技となりました。

■第2レース(作業Bグループ)

赤組、黄組とそれぞれペアになって大玉を転がしたり、持って運んだりしました。練習の成果を発揮でき、スピード感あふれるレースになりました。

■第3レース(職業・作業Aグループ)

赤組と黄組それぞれに、赤と黄の大玉をペアで運んだり頭上で送ったりしました。終始競り合う緊迫したレース展開でしたが、最後の最後に黄組が逆転勝ちしました。

 

学部種目Ⅱ 「TTみなみ兄弟 ~タイヤ・タイム~」

リレー方式で、大きなタイヤを転がし、速さとテクニックを競いました。タイトルを意識して、TT兄弟の「ティーティティー」のフレーズとジェスチャーをまねしながら、笑顔で入場しました。競技が始まると、顔つきが変わり、どのレースも大迫力なレースとなりました。第1レースでは、練習時タイヤを倒さずに、真っ直ぐ転がすことが難しかったのですが、本番は倒すことなくスムーズにパスができるようになりました。第2レースでは、相手を意識しスピードUP!さらに、倒れても倒れても力強く起こし、諦めない気持ちが見られました。第3レースでは、折り返し地点での素晴らしいターンテクニックと、各色の息のあったチームワークが見られました。速さを維持したままタイヤ操作を見事にコントロールするテクニックを見せ、大きな歓声が上がる場面もありました。どの生徒も練習以上の成果を発揮し、大迫力の競技になりました!

 

綱引き

雨天のため、体育館での実施となりましたが、雨をも吹き飛ばす勢いで、黄組・赤組とも力一杯綱を引き、白熱した戦いとなりました。会場の保護者・OBからも大きな声援がとび、大いに盛り上がった対戦となりました。選手全員最後まで勝負を諦めないで綱を引きました。また、PTA・OBが参加してのオープン戦も、力の入った試合で、まさに激闘でした。児童生徒からも大きな声援が掛かり、会場中が一体となった時間となりました。

 

 

短距離走

体育館の中で行った短距離走でしたが、中だからこその迫力!20メートルの直線を1往復半、全力で走りました。外で走るときとは違い、コーンをいかにうまく回るかも勝負の鍵となり、次々と熱戦が繰り広げられました。生徒たちの力走、見応えのある勝負を間近に見ることができ、保護者の方の応援も大いに盛り上がった短距離走でした。

 

応援合戦

午後は天候が回復し、やや風の強い中でしたが、グラウンドで思いっきり声を張り上げて、応援合戦を行いました。黄組、赤組それぞれ、3年生が中心となって内容や歌詞、振り付けなどを考え、各色が一丸となって、懸命に練習に取り組んできました。本番では、これまで以上の大きな声でエールを送り合ったり、ポンポンを振ったり、応援歌を歌ったり、ユーモラスな内容が組み込まれたりしていて大迫力でした。見ている生徒や保護者、OBからも歓声が上がり、雲を吹き飛ばす勢いの素晴らしい応援合戦となりました。

 

高等部リレー

前半(作業B)と後半(職業&作業A)のレースに分かれて100mのトラック走を行いました。最後はグラウンドで思いきり走ることができました。どのグループも体育大会に向けて、バトンパスの練習を繰り返し行いました。その成果が発揮され、とても白熱したレースとなりました。両レースともに優勝を目指して「頑張れー。」「いけー。」などの仲間を応援する大きな声が飛び交い、ますますみなみっこの絆が深まるレースとなりました。

第46回 体育大会 中学部

中学部種目Ⅰ

空・花・雲グループ『心もボールもはずんでつなげ バウンドシューター』

ワンバウンドでボールを回し、フープにシュート!2・3年生は昨年の授業の成果を発揮し、1年生は初めての挑戦でしたが、練習を重ねるごとに上手になりました。本番では、どのチームも次々とシュートが決まり、大接戦となりました。最後に、2020年応援ソング「パプリカ」のダンスを踊りました。それぞれが自分らしく、楽しい雰囲気で発表することができました。

海グループ『グループ パフォーマンス』

今年は、10人全員でグループパフォーマンスに挑戦しました。グループパフォーマンスとは、集団行動と組体操を合わせたもので、先生の号令を聞いて整列や行進、回れ右などの集団行動をしたり、QUEENの「We Will Rock You」の曲に合わせて、足踏みや手拍子、おっとせいや片手バランスなどの組体操をしたりしました。10人全員の動きがそろうよう、みんなでリズムを意識しながら繰り返し練習を行いました。練習の甲斐あって、本番では緊張している様子が見られましたが、10人全員で動きをそろえていました。

 

中学部種目Ⅱ 『みんなで、きれいに』

空花雲グループと海グループが力を合わせて競技に取り組む全体種目です。雑巾やモップを使って集め、ちりとりで運んだゴミの数を、2チームのリレー形式で競いました。両チームがたくさんのゴミを協力して集めてくれました。

中学部短距離走

午後からはグランドに出て短距離走をしました。中学部は50メートルと100メートルに分かれて走りました。たくさんの声援を受けながら、練習のとき以上の力が出せました。走り終えると、とてもすがすがしい表情をしていました。

第46回 体育大会 小学部

小学部種目Ⅰ 『サーキット2019』

小学部種目Ⅰは、サーキット形式でフープジャンプ、トンネルくぐり、縄跳び、キャスターボード、サッカーなどを行いました。1年生6人は、名前を呼ばれて返事をした後、とても落ち着いて発表し、会場から温かい拍手をもらいました。今年の大きな見せ場である縄跳びは、多くの児童がそれぞれの得意な跳び方を発表しました。新聞を筒状に巻いて持ち手を作った新聞縄や、縄部分を針金で作った針金縄での1人跳び、友達同士での大縄跳びなど、子ども達の頑張っている姿をたくさん見ることができました。サッカーでは、一度でシュートを決める児童も、シュートが外れても諦めずに挑戦する児童も、最後には笑顔でゴールし、一人一人がキラキラ輝いていました。

 

小学部種目Ⅱ 『新しい時代を作ろう!』

小学部種目Ⅱは、小学部の低学年と高学年が一緒になって競技を行いました。二人でバスに乗ってコーンをジグザグに進んだり、スズランテープのついた紐の下をくぐったりしました。折り返しをしたら、バスを降りてボードに向かい、自分のカードをボードからはがして箱の中に入れます。その箱を二人で持って行きゴールしました。全員がゴールした後はパラバルーンを披露しました。たくさんの保護者が見ている中でも、みんな笑顔で楽しそうにやっていました。

小学部短距離走

みんな練習の時よりも前へ、前へ!家族が応援していると、進む勢いが違います。まっすぐ進む子、綱を伝って進む子、お父さんお母さんに手を振って進む子、マイペースでニコニコ進む子。長い直線を、思い思いに進むことができました。