生活訓練室利用体験(寄宿舎)

本校の寄宿舎「ひの寮」には、卒業後の自立した生活を目指し、部屋の管理・掃除・洗濯・調理などを行う生活訓練室があります。6月20日から24日まで、通学生を対象とした第1回生活訓練室利用体験を開催しました。
2年目を迎える本体験ですが、通学生の中にも卒業後に一人暮らしやグループホーム利用を考えている生徒が多く、7名の生徒から利用希望がありました。今回も3つのプランを用意し、それぞれのニーズに合った利用ができるように行いました。
「自分のことは自分でする」のは、簡単なようですが、実際に行ってみると、なかなか難しいものです。例えば「洗濯をして片付ける」「部屋の掃除をする」「食事を作る」「就寝・起床時間を考える」「整理整頓をする」「部屋の施錠と鍵の管理をする」など、今回の利用体験をとおし、普段は家族の誰かがしてくれていることを自分で行うことで、卒業後の自立した生活を目指すにはどんなスキルが必要かを気付くことと思います。
実際に体験した生徒からは、普段の生活を振り返りながら、家族のありがたみや「自分のことは自分でする」大変さを実感している様子が見られました。
第2回生活訓練室利用体験は、来年2月中旬に予定しています。

はっぴぃタイム(寄宿舎)

「はっぴぃタイム」は、年間5回行います。そのため、寄宿舎生の中から選ばれた5人のリーダーが、児童、生徒に余暇の過ごし方を提案できるように毎月1回話し合います。
第2回の今回は、感染症対策や熱中症予防に十分配慮しながら、バドミントンを行いました。体育館で各々楽しむ様子が見られ、参加者からは「いろいろな人と交流できてよかった」「よい思い出になった」などの感想が聞かれました。
今後もいろいろな余暇の過ごし方を見つけられるように、リーダーの企画・運営に期待したいと思います。

中学部1・2・3組買物校外学習

7月12日に、中学部1・2・3組で買物校外学習に行きました。1組は、電卓で計算しながら予算内でほしい物を選ぶことを目的として、1学期の作業学習で貯めた給料でおやつを買いました。消費税込みの金額を確認し、電卓を使って残金を計算しながら品物を選ぶことができました。2・3組は、作業学習で得た給料で好きな物を買う経験をすること、入店から支払いまでを一人で行うことを目的として、スーパーマーケットではご家庭から頼まれた物、百円均一ショップでは学校で使う物を買いました。看板を見たり店員に聞いたりして品物を探すことができ、レジではちょうどの金額や多めの金額を出して支払いができました。

 

 

中学部4・5・6組 買物校外学習

7月6日に校外学習「買い物に行こう」を行いました。作業学習で仕事をして得た給料で自分の好きなものを購入する経験をすること、年間を通して買物の経験を重ね、手順を身に付けることを目的に実施しました。実施に当たっては、商品が選びやすく、活動の意図を理解してくださるお店として、近隣のコンビニエンスストアを選びました。

今回は、その1回目の取組。事前に買物の手順を確認し、作業学習で得た給料を確認したり、何を買うかを考えたりして臨みました。コンビニエンスストアの店員さんに御協力いただきながら、どの生徒も、買物の大まかな手順を理解して取り組むことができ、購入したものを嬉しそうに抱えて集合場所に戻ってきました。今後は少しずつ自分で取り組める場面が増えるよう、学習を重ねていく予定です。

小学部低学年 体育発表会

6月2日に体育発表会を行いました。ミニ運動会と題し、「短距離走」、「引っ張る運動」、「やぐら運び」の3種目を行いました。コロナ感染症対策として、二つのグループに分かれて行い、日ごろの練習の成果を発表しました。
短距離走では、ゴールに向かってダッシュ!笑顔で走りきることができました。

引っ張る運動では、籠に括り付けたロープを引っ張る!籠の中身が重いものやロープが長いものなど子どもたちが選んだロープを一生懸命引っ張っていました。


やぐら運びでは、二人一組でやぐらを運ぶ!保護者の方々からたくさんの拍手による応援を受け、練習以上に真剣な表情で頑張る子どもたちの姿が多く見られました。

最後には、教師の「頑張った人。」という問い掛けに、子どもたちは「はーい!」と元気に手を挙げて振り返りをしました。そして、大好きな「ばななくんたいそう」をみんなで踊って、体育発表会を締めくくりました。

高等部 体育発表会

6月9日(木)に高等部の体育発表会が行われました。
天気にも恵まれ、「思いっきりはばたいて 全力を出し切れ みなみっ子」のテーマの下、みんなで一緒に競技をすることができました。
開会式の後、1つ目の種目は、フライングディスクです。高等部全員が参加し、日ごろあまり接する機会のない友達とも交流しながら、フライングディスクを楽しみました。ディスクがゴールに入り、「ナイススロー。」と声が上がると、笑顔があふれ、拍手が送られていました。

2つ目の種目は短距離走で、Cグループは50m走、A、Bグループは100m走を行いました。一人ずつ名前が呼ばれると、自分で考えたポーズを決め、会場を盛り上げていました。「オン・ユア・マーク」でスタートラインにつき、「セット」の号令で構えると、一気に緊張感が高まり、合図で一斉にスタート。ゴールを目指して全力で走る姿が輝いていました。友達からの大きな拍手が、ゴールを後押ししてくれました。

そして、3つ目の種目はリレーです。6m離れた場所からボールを転がし、密を避けながらリレーを行いました。接戦で気合が入り、ボールが速く転がっていく場面もありましたが、どのチームも最後までボールをつないでゴールすることができました。抜きつ抜かれつの熱いレース展開に、大いに盛り上がりました。

最後は高等部全員でダンス「ドラえもん」を踊りました。執行部が前に立ち、全員が息を合わせて、楽しく踊ることができました。
競技以外にも、A、Bグループの生徒たちが一丸となり、テント設営や用具運搬、グラウンドの除草、片付けなど、自分たちの手で体育発表会の場を作り上げてくれました。
暑い中での体育発表会でしたが、自分の力を精一杯発揮して頑張ったこと、友達と一緒に協力したこと、役割に責任を持ってやり遂げた経験や味わった達成感を、今後の学校生活にも生かしてほしいと思います。たくさんの温かい応援ありがとうございました。