コロナ対策 安心な環境づくり(高等部C課程)

高等部のクラスでは、生徒の机を一定の間隔を 空けながら 授業を行ってきました。しかし、机の間隔を 空けると、「 教室の中央にあるホワイトボードや黒板の小さな文字やイラストカードが見えづらい。」と言う生徒からの声がありました。そこで、写真のような手作りの衝立を机の間に設置しました。このように設置することで、従来の黒板からや生徒間の距離を保ちながら感染を予防し、話し合いの活動にも支障がなくなりました。
また、この衝立は一工夫し、透明シートと白布の2種類の素材を縫い合わせて作製しました。これにより、個別の学習では、白布の方を生徒の真横に設置し、左右の生徒の様子を見えなくすることで、集中して課題に取り組むことができました。
このように、学習場面に応じて衝立を活用することで、生徒たちは安心して学習に取り組んでいます。