1年生 遠足(高等部)

高等部1年生は、9月10日(金)に遠足で福井県立恐竜博物館に行きました。福井県に緊急事態宣言が発令され、博物館は閉館中なのですが、会場を貸し切りにしていただけることになり、遠足を実施することができました。1学年の生徒30名、教師15名が集団で行動することを意識して活動に取り組みました。

バス2台に分かれて乗車し、約1時間で到着しました。外のモニュメントの前で写真を撮った後、選択活動をしました。アンモナイト消しゴム作り体験では、恐竜の化石やアンモナイトについて学んだ後、棒状の消しゴムを練り、型取りをして茹でました。組み合わせる色を工夫したこと、アンモナイトの実物化石からとった型を使用したことで、いろいろなアンモナイト消しゴムができました。化石発掘体験では、かつやま恐竜の森へ移動し、説明を聞いた後、発掘体験をしました。ハンマーを使い、夢中で石を割った結果、葉や貝の化石を見つけることができた生徒もいました。

お昼は、秋空の下、外で昼食をとるクラスもありました。昼食後はクラスごとに常設展示の見学をしました。恐竜骨格や化石、標本、ジオラマ、復元模型を見て、生徒たちは興味津々でした。館内では、展示品に触れないように気を付けながら、静かに集団行動ができました。思う存分クラス写真を撮ることができました。

お土産や自動販売機で飲み物を購入するクラスもあり、欲しい物をじっくり選びながら上手にお小遣いを使っていました。マスク着用や手洗い、消毒といった感染症対策に努めながら、遠足として有意義なひとときを過ごすことができました。県立恐竜博物館の皆様、貸し切りにしていただき、ありがとうございました。

避難訓練(地震想定)

9月3日(金)に地震を想定した避難訓練を行いました。①姿勢を低くして、②頭を守り、③その場から動かない「シェイクアウト」を通して命を守る訓練と、緊急放送を聞いて速やかに避難する訓練でした。休み時間に教室以外の場所で緊急地震速報が流れたらどのような行動をとるとよいか、児童生徒が考えながら取り組む今回の訓練では、教師の「シェイクアウト!」という大きな声を聞いて、児童生徒が机の下に隠れたり、姿勢を低くして頭を守ったりするなど、自分自身で命を守ろうと行動する場面が多く見られました。避難を促す緊急放送から7分後には、全員がグラウンドに無事避難することができました。今後も「考える避難訓練」を通していつ起こるか分からない災害に備えていきたいと思います。

第19回福井県障害者技能競技大会アビリンピック福井大会(高等部)

7月11日(日)、第19回福井県障害者技能競技大会アビリンピック福井大会が開かれました。この大会は、障害のある方々が日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障害者雇用に対する理解と認識を深め、雇用の促進を図ることを目的にしています。本校高等部からは、オフィスアシスタント部門に事務・サービス班が、ビルクリーニング部門に清掃班が参加しました。生徒たちは、講習を受けたり、週4回ある作業学習の時間に練習を繰り返したりして努力を重ね、本番を迎えました。当日は緊張感で張り詰めた空気の中、それぞれの生徒が練習してきたことを思い出しながら競技することができていました。手ごたえを感じた生徒もいれば後悔が残った生徒もいたようですが、どの生徒にとっても自分の技術を磨いたり試したりする良い機会になったようです。競技に参加した皆さん、本当によく頑張りましたね。お疲れ様でした。結果は以下のとおりです。

 

オフィスアシスタント部門

金 賞 1名

銀 賞 1名

銅 賞 1名

努力賞 1名

 

ビルクリーニング部門

金 賞 1名

銀 賞 1名

銅 賞 1名

努力賞 2名

 

レザー・縫製班、クラフト班 校外学習

7月8日(木)、レザー・縫製班とクラフト班の生徒11名が、作業学習で作った製品を納品したり、販売状況を調査したりするために、café&lunchここるに行きました。ペンケース、コードバンドなどのレザー製品や、トートバッグやリバーシブル巾着袋などの縫製製品など、合計30個近くの製品を納品しました。感染症対策として3つのグループに分かれて入店し、店員さんに挨拶をしてから製品の説明をしたり、質問をしたりしました。「どのようなお客様が製品を購入してくださっていますか?」「人気のある製品は何ですか?」「自分たちの学校以外に製品を販売している人はいますか?」などの質問に、とても丁寧に答えてくださいました。参考になる話をたくさん聞くことができ、来店されるお客様に合った製品を作りたいと、より一層製品作りへの意欲を高めることができました。

その後、レザー・縫製班の生徒は、手芸用品店に行って生地やファスナーなどの材料を購入しました。ティッシュケースカバー、リバーシブル巾着袋、ランチョンマット用の生地を、色や柄などの組み合わせを考えながら選びました。レザーポーチ用のファスナーは、いろいろな色の中から2種類選んで購入しました。製品作りの参考にするために、店内に展示してある手作りカバンの形や大きさ、生地の組み合わせなどもよく見ていました。

今回の経験を生かし、これからも多くのお客様に喜んでいただけいるような製品をたくさん作っていきたいと思います。