第19回福井県障害者技能競技大会アビリンピック福井大会(高等部)

7月11日(日)、第19回福井県障害者技能競技大会アビリンピック福井大会が開かれました。この大会は、障害のある方々が日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障害者雇用に対する理解と認識を深め、雇用の促進を図ることを目的にしています。本校高等部からは、オフィスアシスタント部門に事務・サービス班が、ビルクリーニング部門に清掃班が参加しました。生徒たちは、講習を受けたり、週4回ある作業学習の時間に練習を繰り返したりして努力を重ね、本番を迎えました。当日は緊張感で張り詰めた空気の中、それぞれの生徒が練習してきたことを思い出しながら競技することができていました。手ごたえを感じた生徒もいれば後悔が残った生徒もいたようですが、どの生徒にとっても自分の技術を磨いたり試したりする良い機会になったようです。競技に参加した皆さん、本当によく頑張りましたね。お疲れ様でした。結果は以下のとおりです。

 

オフィスアシスタント部門

金 賞 1名

銀 賞 1名

銅 賞 1名

努力賞 1名

 

ビルクリーニング部門

金 賞 1名

銀 賞 1名

銅 賞 1名

努力賞 2名

 

レザー・縫製班、クラフト班 校外学習

7月8日(木)、レザー・縫製班とクラフト班の生徒11名が、作業学習で作った製品を納品したり、販売状況を調査したりするために、café&lunchここるに行きました。ペンケース、コードバンドなどのレザー製品や、トートバッグやリバーシブル巾着袋などの縫製製品など、合計30個近くの製品を納品しました。感染症対策として3つのグループに分かれて入店し、店員さんに挨拶をしてから製品の説明をしたり、質問をしたりしました。「どのようなお客様が製品を購入してくださっていますか?」「人気のある製品は何ですか?」「自分たちの学校以外に製品を販売している人はいますか?」などの質問に、とても丁寧に答えてくださいました。参考になる話をたくさん聞くことができ、来店されるお客様に合った製品を作りたいと、より一層製品作りへの意欲を高めることができました。

その後、レザー・縫製班の生徒は、手芸用品店に行って生地やファスナーなどの材料を購入しました。ティッシュケースカバー、リバーシブル巾着袋、ランチョンマット用の生地を、色や柄などの組み合わせを考えながら選びました。レザーポーチ用のファスナーは、いろいろな色の中から2種類選んで購入しました。製品作りの参考にするために、店内に展示してある手作りカバンの形や大きさ、生地の組み合わせなどもよく見ていました。

今回の経験を生かし、これからも多くのお客様に喜んでいただけいるような製品をたくさん作っていきたいと思います。

3年生 校外学習(高等部)

高等部3年生は、7月9日(金)に校外学習として福井県立恐竜博物館に行きました。修学旅行に向け、施設のマナーを守ったり、周囲に合わせて集団で行動したりすることを意識して活動に取り組みました。

まずは常設展示の見学をしました。恐竜骨格や化石、標本、ジオラマ、復元模型を見て、生徒たちは興味津々でした。館内では、展示品に触れないように気を付けながら、静かにクラスごとに集団行動ができました。

次に、1・2・5・6組の生徒はかつやま恐竜の森へ移動し、化石発掘体験をしました。雨が降る蒸し暑い中でしたが、道具の正しい使い方を意識して、汗を流しながら希少価値の高い恐竜の歯や骨の化石を見付けようと、夢中で発掘しました。

3・4組、分教室の生徒は、買物学習をしました。じっくりと店内を見回り、クーポン券を使って文房具やお菓子などを買いました。2000円を使い切ろうと、電卓を使って計算をする生徒の姿も見られ、日ごろの学習の成果を発揮できました。1・2・5・6組の生徒も限られた時間の中で、買物学習を行いました。

最後に、修学旅行を見据えて学年全体で集合写真撮影の練習もしました。教員の指示に従い、短時間で指定された隊形に並ぶことができました。マスク着用や手洗い、消毒といった感染症対策に努めながら、勝山市にて有意義なひとときを過ごすことができました。

 

農作業体験(高等部農耕班)

農耕班8名は、あわら市にあるNPO法人ピアファームで、農作業体験を行いました。ブドウ園で、出荷前のぶどうのつる集めや廃棄、写真のように、ぶどうのひげのカットという作業をしました。ひげというのは、ブドウから生えている巻きつるのことです。とても蒸し暑い中の作業でしたが、職場の方に教えていただきながら、最後まで集中して作業することができました。

暑さに負けず元気いっぱい体育発表会(高等部)

6月10日(木)に高等部の体育発表会が行われました。体育発表会に向けて、生徒たちは運動で体力を高めたり、体育で種目の練習に熱心に取り組んだりしてきました。前日には、A、B課程の生徒たちが一丸となり、テント設営や用具運搬、グラウンドの除草など、体育発表会の場を作り上げてくれました。

当日は、いっぱいの日差しと、「希望の星 夢へと向かえ みなみっ子」のテーマの下、2年ぶりにみんなで一緒に競技をすることができました。

開会式の後、まず1つ目に行われた種目は、フライングディスクです。高等部全員が参加し、日ごろあまり接する機会のない友達とも交流しながら、フライングディスクを楽しみました。ディスクがゴールに入り、「ナイススロー」と旗が上がると、笑顔があふれ、拍手が送られていました。

 

2つ目の種目は短距離走で、C課程は50m走、A、B課程は100m走を行いました。一人ずつ名前が呼ばれると、自分で考えたポージングを決め、会場を盛り上げていました。「オン・ユア・マーク」でスタートラインにつき、「セット」の号令で構えると、一気に緊張感が高まり、合図で一斉にスタート。ゴールを目指して全力で走り切る姿が輝いていました。歓声を送ることはできませんでしたが、友達からの大きな拍手が、ゴールを後押ししてくれていました。

 

そして、3つ目の種目は、A、B課程のリレーでした。今年度は、8m離れた場所からボールを転がし、密を避けながらリレーを行いました。接戦に気合が入り、ボールが速く転がっていく場面もありましたが、どのチームも最後までボールをつないでゴールすることができました。抜きつ抜かれつの熱いレース展開に、大いに盛り上がりました。

暑い中での体育発表会でしたが、自分の力を精一杯発揮して頑張ったこと、友達と一緒に協力したこと、役割に責任を持ってやり遂げたことの経験や味わった達成感を、今後の学校生活にも生かしてほしいと思います。たくさんの温かい応援ありがとうございました。

心も体も強くなったマラソン記録会(高等部)

9月中旬~10月の体育の時間に、グループごとにマラソン記録会を実施し、1.5km、3km、4.5km、6kmの4部門に分かれて、健脚を競いました。ベストタイムから部門ごとの男女別に順位を決めました。目標を持って取り組み、授業での練習を重ねるごとに、力強さが増していきました。このマラソン記録会を通して、目標に向かって前向きに取り組む強い心や、長い距離を最後まで走り切る強い体を手に入れることができたのではないでしょうか。味わった達成感を、今後の学習活動に生かしていってほしいと思います。

修学旅行(高等部)

高等部3年生は、福井県内(小浜、敦賀、芦原、勝山)で一泊二日の修学旅行を実施しました。感染症対策を行いながらみんなで過ごし、福井県の魅力を再発見したり、友達との思い出をたくさん作ったりすることができました。

コロナ対策 リモート授業しています!(高等部A課程)

今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、少人数での分散授業を行っています。その方法の一つとして、Zoom やGoogleクラスルームを使ったリモート授業を行い、複数の教室をオンラインでつないで、一斉授業や発表、意見の交流などをしています。Googleクラスルームを使った学習では、一人一人がパソコンを使って課題に取り組み、オンラインでのやり取りを行っています。画面を通しての学習ですが、生徒たちは、積極的に意見を発表して楽しんでいる様子が見られます。今後も新型コロナの対策をとりながら、生徒たちの学習が有意義なものになるように工夫していきたいと思います。


2年A課程 生活単元学習 Zoomを使っての自己紹介・進路について


3年A課程 国語、数学 Googleクラスルーム/Wordを用いてのリモート学習


3年合同ロングホームルーム iPadを用いてZoomでの実習激励会&実習報告会

コロナ対策 感染症対策について学ぼう(高等部B課程)

今年度の保健・体育では、ソーシャルディスタンスを保ちながら様々な活動を行っています。休校期間中あまり運動ができなかったことを踏まえ、ランニングや縄跳びなどで体力作りに取り組んでいます。また、第2波に備え一人でもできる様々なストレッチや、筋力トレーニング、ダンスなどを行っています。
保健の時間には、新型コロナウィルスに関して、予防や対策、対応などについての授業を行ってきました。どのような場所にウィルスがいるのか、どのようにして人に感染するのかを知ることで、改めて生徒たちも意識して手洗いや消毒、マスク着用を行うことができています。もしも新型コロナウィルスに感染してしまった場合の対応として、普段の風邪やインフルエンザであればすぐに病院へ行くという対応とは違い、保健所へ連絡してから対応を確認することなどを生徒たちと確認し、感染を拡大させないことの大切さも勉強しました。

コロナ対策 安心な環境づくり(高等部C課程)

高等部のクラスでは、生徒の机を一定の間隔を 空けながら 授業を行ってきました。しかし、机の間隔を 空けると、「 教室の中央にあるホワイトボードや黒板の小さな文字やイラストカードが見えづらい。」と言う生徒からの声がありました。そこで、写真のような手作りの衝立を机の間に設置しました。このように設置することで、従来の黒板からや生徒間の距離を保ちながら感染を予防し、話し合いの活動にも支障がなくなりました。
また、この衝立は一工夫し、透明シートと白布の2種類の素材を縫い合わせて作製しました。これにより、個別の学習では、白布の方を生徒の真横に設置し、左右の生徒の様子を見えなくすることで、集中して課題に取り組むことができました。
このように、学習場面に応じて衝立を活用することで、生徒たちは安心して学習に取り組んでいます。